特許7097137を取得しました。
2022-08-05

本発明は、対象物からの入射光、特に、波長が0.9~1.6μm程度の赤外光の単一光子を検出する複数の光検出素子と、該光検出素子を駆動する駆動回路とを内蔵した光検出装置に関します。可視光遮光フィルタがなくても赤外線だけを選択的に感知するSPADの実現を可能にしました。

戻る